愛知県立成章高等学校

愛知県立成章高等学校

アクセスマップ

愛知県立成章高等学校

〒441-3421
愛知県田原市田原町池ノ原1
TEL:0531-22-0141(代表)
FAX:0531-22-6466

ここからローカルナビゲーションです

HOME > 学校紹介

ここから本文です

学校概要

校長 木藤 政美(きとう まさみ)
クラス数 普通科1・2年4クラス、3年5クラス・総合ビジネス科1クラス・生活文化科1クラス
生徒数 736名

愛知県田原市は、愛知県の東部、豊かな自然に恵まれた渥美半島の中央にあります。その田原町の中央部分に本校があります。

藩校「成章館」の流れをくむ創立118年を迎える伝統校です。1学年普通科4クラス(3学年のみ5クラス)、総合ビジネス科1クラス、生活文化科1クラスの3学科を併せ持つ、全日制高校です。生徒は半島全域から通学しており、地域からの信頼は厚く、全体的に素朴で穏やかな生徒が多い。「文武両道」をめざし、部活動にも力を入れ、活発に活動しています。

進路状況としては、普通科のほぼ全員が進学希望であり、総合ビジネス、生活文化各科も、近年進学希望者が増加しています。学習に、部活動に、生徒はのびのびと充実した学校生活を送っています。

校名

「成章高校」の校名は「斐然成章」という『論語』公冶長編の次の章句に由来する。

原文:子在陳曰歸與歸與吾黨之小子狂簡斐然成章不知 所以裁之

読み:子、陳に在りて曰く、帰らんか、帰らんか。吾 が党の小子、狂簡にして斐然として章を成す。之を裁つ所以を知らず。

訳:孔子が天下を周遊して陳の国に在った時、道の世 に行われないのを 嘆き、大いに悟るところがあって、言われるよう、「さあ帰ろう、さあ帰ろう。わ が郷党におる若者たちは、志は大きいが実行の点で は未完成だ。彼らはあやなす錦のような美しい素質 を持っているが、それを裁断して衣服にするところ までは、至っていない。帰って彼らを教育しよう」 と。

(明治書院『新釈漢文体系・論語』による)

教育目標

自主・剛健 自主性に富む、意志強固な人間の育成
正義・誠実 正義を愛し、誠実勤勉な人間の育成
知性・教養 真理を愛し、知性の高い人間の育成

本校は田原藩の藩校「成章館」として設立されて以来、その教育方針”文武両道”は変わらない。「文化」と「運動」の両面から教育方針に適う人間を育成することが本校の教育方針である。

平成31年度 重点目標

成章生に身につけさせたい資質・能力

  1. 健やかな体と豊かな心(自己肯定感、規範意識、人権意識、共感性等)
  2. 困難や試練から逃れることなく挑戦する勇気と、最後までやり抜く実行力
  3. 間違いを恐れず積極的に自分の意見を自分の言葉で発信する姿勢や、他者を尊重し異なった考え方や価値観を受け入れる態度
  4. 柔軟かつ批判的な思考力、情報を活用するための的確な判断力、説得力のある論理的な表現力やプレゼンテーション能力
  5. 家族や仲間、地域を大切にし、郷土や祖国の伝統や文化を尊重すると共に、持続可能な社会を構築しようとする態度
  6. CAN-DOリストを踏まえた、英語によるコミュニケーション能力
  7. 【普通科:総合的な学習(探究)の時間】
    書物、新聞記事、資料、体験的活動等を通して、地域や国際的な課題に興味・関心を持ち、他者と協働してその解決に向けての自分の考えを論理的にまとめる力
  8. 【総合ビジネス科】
    商業の各分野に関する体系的・系統的な理解とそれに関連する技術や、職業人に求められる豊かな人間性や倫理観と、よりよい社会の構築を目指して自ら学び、ビジネスの創造と発展に主体的かつ協働的に取り組む態度
  9. 【生活文化科】
    日々の生活の営み(家族・家庭、衣食住、保育・福祉、消費・環境等)に関心を持ち、生活の価値や質の向上について主体的に考える態度や、それを可能にするための知識や技術

校歌

成章高校校歌